水まわりのリフォーム ( ※キッチン・バス・トイレ・洗面など)

築年数が古くなってくると、キッチンやバス、トイレ、洗面所といった水まわりも劣化が進んできます。汚れが目立つなどの見た目の問題だけでなく、建物内部に水が浸透してしまって、建物まで傷めてしまうこともあります。建物を損傷させないためにも、水まわりのリフォームが必要となります。

 

■キッチンのリフォーム

切ったり、洗ったり、調理したりと、様々な作業を行うキッチンですが、使い勝手が悪いと、作業効率が落ちて、料理に時間がかかってしまいます。反対に、使い勝手の良いキッチンだと、手際よく料理をすることができて、料理が楽しくなることもあります。また、最近の家の造りでは、リビングからキッチンが見えることも少なくありません。キッチンのリフォームでは、料理がしやすいように作業スペースを確保したり、お手入れしやすくインテリア性のあるキッチンにしたりすることができます。キッチンが狭いからと、作業スペースや収納スペースが、十分に確保できないことをあきらめていた方でも、専門家によるリフォームで、作業性や収納性をアップしたキッチンにすることも可能です。

 

■バスのリフォーム

バスのリフォームでは、バスの種類によって費用が異なります。浴室にバスタブを作りつける在来浴室の場合には、タイルなどを解体してみたときに、建物の部分が湿気などで腐食していることも多いものです。そのような場合には、腐食している部分の補修費用まで必要になります。そのため、ユニットバスの場合よりも、余計に費用がかかることがあります。バスのリフォームでは、あらかじめ、どのような補修工事が必要になりそうか、また、その場合にどのくらいの費用がかかるのか確認しておいて、補修工事が必要な場合の対応策を、リフォームを行う会社に相談しておくと安心です。

 

■トイレのリフォーム

トイレにも、様々なリフォームを行うことができます。間取りを変えずに、広々としたトイレに見せることもできるのです。また、高齢者のいらっしゃるご家庭で多いリフォームは、トイレに手すりをつけたり、車いすでも入れるようにしたりするリフォームです。トイレは通常狭いことが多いですが、少し工夫するだけで、手すりを取り付けたり、車いすでも使えるトイレにしたりすることができます。リフォームを行う業者の方と良く相談して、使いやすいようにリフォームすることが大切です。

 

■洗面所のリフォーム

最近では、洗面所は洗顔や歯磨きだけでなく、メイクや洗濯などを行うスペースになっています。また、脱衣スペースとして利用することも少なくありません。そのため、洗面台も多機能なものが増えています。収納スペースのたくさんある洗面台にリフォームすれば、ごちゃごちゃと散らかりやすい小物も、きれいに収納することができます。車いすを利用される場合には、車いすでも利用できる洗面台がお奨めです。様々な洗面台があるので、使い勝手や収納性、デザインなど、様々なことを考慮して選ぶことができます。