一戸建て

新築の一戸建てを購入するには、土地を購入して、注文住宅で建てる方法と、分譲住宅を購入する方法があります。分譲住宅の場合には、あらかじめどのような家であるのかを見てから購入することができます。

 

しかし、分譲住宅の場合には、情報収集が難しいこともあります。売り出す件数が多い場合や、大手の場合には、インターネットなどでも容易に探すことができますが、件数が少ない場合などには、インターネットで探すには、難しいこともあります。情報を新聞の折り込みチラシなどに載せているためです。一戸建て住宅の購入を希望している地域に、友人や親類などがいる場合には、新聞の折り込みチラシをチェックしておいてもらうと良いでしょう。また、購入を希望している地域の不動産屋さんに相談してみることも、お奨めです。地元の老舗の不動産屋さんであれば信頼できる物件を紹介してもらえるかもしれませんし、何か情報を得られるかもしれません。
千葉県の不動産屋を1件ご紹介しましょう。
川島不動産

さらには、実際に足を運んでみても良いかもしれません。分譲住宅の売り出しをしているかもしれないからです。内覧をしていれば、その場で見せてもらうこともできますし、販売している会社名を知ることもできます。

 

部屋の間取りや設備などをよくチェックして、購入したい一戸建て住宅が決まったら、担当営業の方から、よく話しを聞いておくことが重要です。実際に購入した場合に、どのようなアフターケアを行ってもらえるのか、仲介手数料は必要なのか、必要であれば、いくらかかるのかなど、気になることは全て聞いておきます。

それから、周辺環境のチェックも重要です。周辺にはどのような施設があるのか、大きな道路や線路などが近くにある場合には、騒音は大丈夫か、周辺の道路で危険な場所はないかなどです。実際に駅まで足を運んで、駅までの所要時間も測っておくと良いでしょう。バスを利用する場合には、バスの来る頻度や最終バスの時間をチェックしておきます。朝、道路が混んでしまって、バスが進めないということもあるので、道路状況も見ておくと良いでしょう。

 

また、地盤もしっかりとチェックしておきたいところです。以前には、沼地や水田だった場所の場合には、地盤沈下や地震の際の液状化などの原因ともなります。図書館などで調べておくと良いでしょう。もし、沼地や水田などであった場合には、地盤沈下などが起こらないように、基礎工事がしっかり行われているか、営業担当者に聞いておきましょう。専門家に見てもらうこともお奨めです。