不動産とは

不動産とは、民法では土地とその定着物とされています。定着物には、建物や樹木、橋、石垣などがありますが、このうち建物については、日本の法律では、土地とは別個の不動産として扱われます。そのために、土地とは別に登記が必要ですし、固定資産税も、土地と建物では、別々に課税されます。また、樹木に関しても、「立木に関する法律」によって登記するか、標識を立てるなどの公示を行うことで、土地と別の不動産として扱われることができます。これによって、土地と、建物や樹木が、別の所有者であるということもあります。この他にも、登記する... Read More | Share it now!

3 / 3123