注文住宅とは

注文住宅とは、建築主の要望に沿って間取りや設備などを決めて作るオーダーメイドの住宅のことです。ライフスタイルや希望に沿って、間取りや設備を選ぶことができることや、お金を掛けたい部分と、そうでない部分とを自分で判断できることなどがメリットです。しかし、分譲住宅と違って、金額は要望によって異なるため、費用が高くなることもあります。完成までの費用も、打ち合わせの期間を含めると、比較的長くなります。また、完成した物件を見ることができないので、図面やサンプルなどでイメージして、どのような住宅になるのかを理解しなくてはなりません。それによって、時には、欠陥住宅であったり、違法建築であったりするというリスクも、無いわけではないのです。信頼のおける住宅会社を選んで、良く相談しながら進めていくことが大切です。

注文住宅を建てるには、まずは、注文住宅を建てるための土地が必要です。すでにある場合には問題ありませんが、無い場合には、購入する必要があります。その際、土地選びは慎重に行う必要があります。地盤沈下しやすいなど、問題の起こりやすい土地も、中にはあるからです。また、これから生活を行う場所ですので、周辺の環境なども、実際に何度も足を運んで、しっかりと調べておくことが大切です。場合によっては、建築士など、専門家の方に見てもらうのも良いでしょう。

土地の購入と同様に、注文住宅を建ててもらう住宅会社選びも重要です。様々なハウスメーカーや工務店があります。ハウスメーカーの場合には、あらかじめ工場で構造部材や設備を作っておいて、現場で組み立てると言う、セミオーダーに近い方法を取っているハウスメーカーも少なくありません。そのため、短期間で効率よく建てることができます。また、モデルハウスなどで、仕様や設備を実際に見て確かめることもできます。しかし中には、実際の建築は地元の工務店に依頼しているハウスメーカーもあるため、その場合には、直接工務店にお願いした方が、費用は安くなります。この他には、費用は掛かりますが、家の設計は、設計事務所に依頼して、建築だけを工務店にお願いするという方法もあります。