購入と賃貸のメリットデメリット

マンションや戸建て、購入するのと賃貸では、どちらがお得なのでしょうか。そのメリット・デメリットを紹介します。

 

◆購入の場合

■メリット

購入の場合には、自分の資産とすることができます。そのため、部屋は好きなように改装することができますし、老後の住まいの心配もする必要がありません。また、購入したマンションや戸建てに住むことで、社会的な信用を得られることも少なくないようです。

■デメリット

一度購入してしまうと、住み替えは難しくなります。ライフスタイルが変わることによって、住みやすい部屋の間取りや広さも、変化しますが、そうした変化に対応することは難しいです。また、転勤などによって職場が遠くなってしまっても、ある程度の距離であれば、我慢して通わなくてはなりません。さらには、特に戸建ての場合には、修繕などは全て自分で行わなくてはいけません。

 

◆賃貸の場合

■メリット

一番のメリットは、子どもが生まれたり、親と同居しなくてはならなくなったり、子どもたちが独立して夫婦二人きりになったり、転勤や転職などで少し職場が遠くなったりした場合でも、ライフスタイルに合わせて、住まいを変えることができることです。また、修繕などについても、貸主が全て行ってくれるので、こうした費用は必要ありません。

■デメリット

いくら家賃を払い続けても、自分の資産とすることはできません。そのため、住宅設備や室内を、自由にリフォームすることができないのです。もし、改装を行った場合には、退去の際に原状復帰が必要となります。また、オーナーの意向で土地や建物を売却してしまう場合には、住み続けることができません。さらには、家賃を払っていないと住むことができないため、老後の住まいにも不安です。

 

このように、購入した場合でも、賃貸の場合でも、メリットとデメリットはあります。費用面についても、どちらがお得であるとか、損であるとかは、言い切れない部分が大きいです。ライフスタイルや価値観を考慮して、購入するか賃貸にするかを決めることが大切になります。