二世帯が生活しやすい間取りが重要

一時期、核家族化がすすみ衰退した二世帯住宅ですが、現在ではそのメリットが見直され、多くの二世帯住宅が建設されています。
2世代、3世代が同居する二世帯住宅には、年長者には若い者と一緒に住める心強さや、孫が見られるなどのメリットがあり、また若い世代にとっても、子どもをいざという時に見てもらえる、経済的にも支援をいただきやすいなどのイイことがたくさんあります。
しかし間取りによっては、二世帯での同居が失敗になってしまうこともありますので、二世帯住宅の建設にあたっては間取りが最重要のポイントと言うことができるでしょう。
http://www.txw-chumon.com/

まず気をつけたいのが、同居するのが夫の親なのか、妻の親なのか…というところです。
食事面や子育てのことを考えると、家にいる時間が長いのは大抵の場合、夫よりも妻です。従って、妻の親が同居する場合には、共有面積を広くとってもトラブルは起きづらい。
しかし、逆に、夫の親が同居する場合には、必要以上の共有面積を確保すると、嫁姑問題を引き起こしやすくなるのが現実です。
夫の親との同居の場合にはより注意して、浴室とキッチンを一緒にするのか、別々にするのか、まず最初に話し合うと、トラブルが起きにくくなるでしょう。

また、年配の世代と若い世代とでは生活時間が違いますので、浴室を共有するとしても、その場所はお互いが使いやすく、しかも両親側の安眠の邪魔にならないような場所を工夫する必要があります。
子どもが成長すると、遅い時間に浴室を使う可能性はどんどん高まってしまいますから、寝室から離れた場所に浴室を置くなどよく考えておきましょう。

二世帯住宅が見直されてきたといっても、親世代と子世代の間にあるジェネレーションギャップが埋まるわけではありません。お互いに相手に踏み込まれたくない…という心理面での核家族化は依然として存在していますので、必要以上にくっつくのではなく、それぞれの空間を大切にできる間取りを考えることが重要です。