住んでみてわかる、一戸建てのメリットとデメリット

現在、一戸建てに住んでおり、3人の子育てをしている40代30代の夫婦目線で、
一戸建てのメリットデメリットについて述べたいと思います。

まず一戸建てのメリットです。

1.子ども達が騒いだり、洗濯や掃除なども時間を気にせずできます。
集合住宅では、子どもの足音でさえも気になると聞きます。またいつか返さなくてはいけない物件は、
汚さないように、汚さないようにと生活しますが、一戸建てではそれがないので、子どもをのびのび育てられると思います。

2.他人と共用部分がないので、全てにおいて自分達の好きなようにできます。
趣味や嗜好が変わった時でも、気楽にリフォームという形で住居を変えることができます。

3.いつかローンを払い終えた時は自分達の物になります。

4.沢山の荷物があったりしても、玄関まですぐです。
帰宅時に子どもが寝ていたりしても苦になりません。

5.お庭があると、子ども達と一緒に何かを育て、収穫して食べたりするなどの体験もできます。

6.室内のインテリアなども、壁に穴をあける時など、気を遣わず思うようにできます。

7.両親や大黒柱に何か万が一があった場合でも、不動産として子ども達に残すことができます。

勝田台で一戸建てをお探しなら地元密着の企業におまかせ!

次に一戸建てのデメリットです。

1.天災やその地域に馴染めないなど万が一、何かあった時に気楽に引越しができません。

2.必ず自己責任でメンテナンスが必要です。

3.固定資産税という、高い税金を毎年払わなくてはいけません。

4.他人の目が少ないです。高齢になったり、一人暮らしであれば、
何かあった時を考えると集合住宅の方が安全だと思います。

5.電気代などの光熱費はほとんどの場合集合住宅より高くなると思います

すぐにぱっと思いついた事を書いてみましたが、やはり他人を気にしながら子育てをするか、
気にせず子育てをするか、大きな違いがあると思います。

住宅ローンという大きなモノを抱えることにはなりますが、
私は一戸建てに住むメリットが、デメリットを上回るのではないかなと考えます。