ITによる生産管理の可能性

物を生産する際、今までは会社を把握できる従業員が生産管理を行っていました。
しかし、人手による生産管理には欠点があります。
管理している人がいないと生産が滞ってしまうこと、情報の共有が難しいこと、
生産の見積もりが出しづらいことなど、生産できる体制に限りがあることが問題になっていました。
それを解決できるのが、ITによる生産管理なのです。
http://www.jipros.com/case/

例えば、とある中小企業をイメージしましょう。
その企業は自社の自慢の製品により、多くの会社と取引できる実力を持った企業です。
しかし、いくら製品に魅力があっても、その製品を管理する能力が乏しければ事業は成功しません。
従業員は取引する会社の管理から現場の状態を理解しておかなければいけません。
この管理を怠ってしまうと、100個生産するはずだった製品が70個しか作れなかった、という事になりかねないのです。

それを防ぐためには会社と生産現場が協力し、作れる期間をお互いに共有しておく必要があるのです。
この問題はIT化すれば解決できます。
現場に行かなくても会社のパソコンで情報の共有と生産の調整ができるため、楽に管理することができます。
また、どれくらい生産できるかをパソコンで知れるため、無駄なコストを削減することも可能になるのです。

ITを導入した生産管理はシステムの効率化をもたらし、少量生産から大量生産までできるようになります。
上手に使えば、会社の大きな成長にもつながるでしょう。

しかし、生産から管理まで全てITに頼りきり・・になるのは良くありません。
ITの導入は会社の現状を理解しており、どうすれば改善できるかを考えておくことが前提です。
何も知らずに導入してもどこがどう改善したのか分からないままになるため、導入した意味がなくなるのです。
勘違いしてはいけないのは、ITは問題点を解決するものであって直接、会社の利益を上げるためのものではありません。
導入にはコストもかかるため、検討は慎重にしなければならないのです。