マンションのリフォームで気をつけること

マンションのリフォームに関しては、
気を付けなければいけない事がいくつかあります。

まずマンションは自由にリフォームしていい部分があったり、
手を加えてはいけない部分があったりするので、建物の管理会社と
話し合い、その境界線をきちんと把握する事が大切です。
マンションごとに区分所有法に沿って作られた規約・細則があるので、
それを厳守でリフォームの工事をする必要があります。
http://www.jpm-co.jp/

住人の占有している部分は大抵リフォーム可能なのですが、
わかりづらいのが「専用使用部分」と呼ばれる場所です。
専用使用部分とは住人が「共用範囲」の中で専用に使用している場所を指します。
主に玄関扉・サッシなどが該当します。
この場所はほとんどの場合リフォームする事が禁止されているので、
管理会社に確認をする必要があります。

他にも理にかなっていなくても、マンションによっては禁止されているリフォームがあります。
浴室の改装が全面的に禁止されていたり、配管を交換してはいけないなどという
納得の行かない規約があったりします。
後からトラブルにならない様、リフォーム前には
きちんと管理会社と話し合いましょう。