二世帯住宅とは

二世帯住宅とは、親の世帯と子どもの世帯が、同じ屋根の下で暮らせるように考慮された住宅のことです。お子さんのいらっしゃる世帯では、お子さんの面倒を見てもらえたり、ご主人が出張などで家を空ける機会の多いご家庭では、精神的な支えとなってもらえたりするメリットがあります。また、親世帯にとっても、普段は別々の暮らしをしていても、いざ、具合が悪くなってしまった時などでも、面倒を見てもらいやすいので、双方にとってメリットがあります。

その一方で、生活スタイルの違いから、生活騒音や共有で使用しているスペースの使い方などで、トラブルが起きてしまうというデメリットもあります。また、親世帯の方が、息子夫婦や娘夫婦と仲良くなりたい、孫の世話をしてあげたいと、近づき過ぎてしまい、子世帯の負担となってしまうこともあります。

二世帯住宅にするときには、このようなメリットやデメリットを考慮して、考えることが大切です。二世帯を始める前に、親世帯と子世帯でよく話し合って、ルールを決めておくと良いでしょう。

 

こうした二世帯住宅は、大きく分けると完全分離二世帯住宅と、共用二世帯住宅、融合二世帯住宅があります。近くに住みたいけど、生活は完全に分けたい時には、完全分離二世帯住宅がお奨めです。共用二世帯住宅と融合二世帯住宅は、家の一部分を共用する二世帯住宅ですが、夕食を共にすることが前提の場合には、融合二世帯住宅にすることが多く、夕食も別々で取る場合には、共用二世帯住宅にすることがほとんどです。

さらに、完全分離二世帯住宅の場合には、1階部分に親世帯が住んで、2階以上に子世帯が住む方法と、親世帯と子世帯で、隣同士で住む方法があります。共用二世帯住宅や融合二世帯住宅の場合には、共用部分と専用部分を、生活スタイルによって選ぶことができます。

このように、一口に二世帯住宅と言っても、様々なスタイルがあるため、より暮らしやすいスタイルを選択することが大切です。ただし、どのスタイルでも親世帯の生活スペースについては、将来のことを考えて、バリアフリーにしておくと良いでしょう。