完全分離二世帯住宅

完全分離二世帯住宅では、お風呂やキッチンがそれぞれに用意してあり、一戸建ての住宅を二戸合わせたような形態になります。同じ完全分離二世帯住宅でも、隣り合わせたタイプと、上下で別になっているタイプがあります。どちらのタイプでも、玄関まで分かれていることがほとんどです。隣り合わせのタイプの場合には、2件が隣合わさったような感じですが、内部はドアでつながっていることが多くあります。また、上下のタイプの場合には、外階段から、直接2階へ行くことができるようになっている場合と、内部の階段を使う場合があります。

 

どのタイプにしても、完全分離二世帯住宅では、親世帯と子世帯が同じ屋根の下にいながらも、玄関やお風呂、キッチンなどが、それぞれに用意してあるため、お互いに干渉し合うことなく、別々の生活を送ることができます。それでも近くに住んでいるため、何か合った時には、お互いに助け合うこともできます。また、水道料金や電気料金、ガス料金などの公共料金なども、それぞれで支払うことになるため、余計にかかってしまうことはありますが、使いすぎなど、公共料金によるトラブルも回避することができます。

しかし、それでもお互いに配慮は必要となります。特に上下で分かれている場合には、下の階への物音には、注意が必要となります。また、建てる際のデメリットもあります。特に左右に分かれているタイプの場合には、それなりに広い敷地が必要となります。都会で完全分離二世帯住宅を実現するためには、この土地の確保が難しいこともあります。さらには、建築コストもかかってしまいます。それでも、土地や予算を確保できれば、親世帯と子世帯が一緒に住むには、最もお互いに気を使わない方法となります。

 

完全分離二世帯住宅を建てる際には、親世帯の住む住居は、バリアフリーにするなど、将来のことも見越して設計することが大切です。建てた後にトラブルを抱えてしまってはもったいない話です。室内の間取りなど建物自体もそうですが、地域や周りの環境など、住宅以外の要因も考慮するポイントとなります。以下のサイトでは施工例が多くて参考になるかと思います。

渡辺ハウジング

キッチンには、ガスを使わないように、IHなどの電気を使用したものにすると、安心です。周囲に関しては、なるべく平坦な土地で駅やスーパーまでのアクセスがよいところがおすすめです。