共用二世帯住宅

玄関やお風呂など、一部分を共用しながらも独立した暮らしができるのが、共用二世帯住宅です。共用する部分は、生活スタイルに合わせて変えることができます。入浴時間が重ならず、光熱費を少しでも浮かせたいのであれば、浴室を共用にすることもできますし、お風呂も気兼ねなく入りたい場合には、浴室を別にすることもできます。また、玄関を別にして、浴室や洗面所を共用にすることもできます。

一部を共用しながらも、それ以外のものは、それぞれの世帯専用に用意されているので、お互いのプライバシーを尊重することができます。例えば、玄関だけ共用にする場合には、キッチンや浴室、洗面所、トイレ、リビングなどは、親世帯と子世帯で、それぞれ専用のものがあるため、ほとんど完全分離二世帯住宅に近い感覚で暮らすことができます。それでも玄関が一緒のため、共働きのお母さんでも、安心して働きに行くことができるでしょう。うまく共用と専用部分を分けることができれば、光熱費も節約できるなど、親世帯にも子世帯にもメリットのある二世帯住宅になります。

 

こうした共用二世帯住宅の場合には、共用するスペースに合わせて、少し工夫を加えると、より生活しやすくなります。例えば、玄関を共用する場合には、勝手口を設置しておくことがお奨めです。来客時に対応や外出がしやすくなります。また、浴室を共用する場合には、浴室とは別にシャワー室や洗面室を設置しておくと便利です。

電気メーターやガスメーターは、それぞれの世帯の専用部分が明確の場合には、分けて設置することもできます。別々に設置することで、公共料金に関するトラブルを減らすことができ、プライバシーもより守られます。水道については、地域によって異なりますので、水道局へ相談してみると良いでしょう。ただし、これらのメーターを別々にする場合でも、共用部分については、どちらかの世帯メーターに入れなくてはいけません。どちらの世帯のメーターに入れるかについては、よく話し合っておく必要があります。