融合二世帯住宅

これまでは、夕食を一緒に摂る場合には、親世帯と子世帯でキッチンなど、ほとんどを共有で使うことが多かったのですが、最近では、こうした場合でも、共用のものの他に、専用のキッチンなども設置するケースが増えていて、このような二世帯住宅は融合二世帯住宅と呼ばれています。

専用で用意するものは、それぞれの家庭によって異なりますが、サブキッチンを用意しておくと便利です。簡単な調理をしたり、お茶を入れたりすることができるため、ニーズも高くなっています。また、洗濯は自分でしたいと、専用の洗濯スペースへの要望も多くあります。親世帯のスペースには、専用のトイレも便利です。共用のトイレの場合には、来客時などを考慮すると、寝室の近くに設置することは難しくなってしまいます。しかし、専用であれば、寝室の近くに設置することも問題ありません。手すりを設置するなど、バリアフリーのトイレにしておけば、将来的にも安心です。

 

上手な融合二世帯住宅を建てるコツは、プライベートな空間をしっかりと確保することです。例えば、友人など来客の多い親世帯のために、キッチンやリビングとは別に親世帯のスペース内に、サブキッチンやテーブル、イスなどを置いてくつろげるスペースを用意しておくと、子世帯に気兼ねなく友人を招くことができます。サブキッチンとまでいかなくても、せめて、ポットやトースター、電子レンジなどを置くスペースがあるだけでも、快適さが違います。来客時だけでなく、ちょっとした朝食程度であれば、わざわざリビングまでいかなくても、そのスペースでいただくこともできるのです。

また、親世帯の体の状態に合わせて設計することも大切です。足腰の調子があまり良くない場合には、2階に共有スペースを設置してしまうと、階段の昇り降りが大変になってしまいます。キッチンやリビングなどの共有スペースは1階に設置するか、エレベータを設置した方が良いでしょう。もし、今はとても健康で、2階に共用スペースを設置したい場合には、将来的にエレベータや階段昇降機を取り付けることも考慮しておくと良いでしょう。融合二世帯住宅は、将来、介護が必要となったときのことも考慮して、設計すると良いです。